笑顔の男女

犬の椎間板ヘルニアになったときの対処法と予防~愛犬大切サイト~

プロにしつけを任せる

犬の横顔

犬のしつけを行なうことによって、飼い主の言うことをしっかり聞いてくれるようになります。プロのトレーナーに任せることによって、しつけの仕方を学ぶことができますし、悩みを解消することができます。

読んでみよう

質が高いフードを買える

ドッグフード

ドッグフードには、ドライタイプ、ソフトドライタイプなど色々種類があります。通販なら種類がとても豊富なので、選びやすくなります。また、直接家に届くので簡単にドッグフードを購入することができます。

読んでみよう

飼いやすい小型犬

犬と子供

人気が高い小型犬として、ミニチュアダックスフンドがいます。ミニチュアダックスフンドは、脊髄の病気になりやすいので、普段から注意したほうが良いです。専門店なら、さまざまなミニチュアダックスフンドを見つけることができます。

読んでみよう

椎間板が損傷する病気

犬

椎間板ヘルニアは人間だけではなく、犬がなることもあります。犬の椎間板ヘルニアは、激しい運動や肥満などが原因によって起こってしまう病気です。椎間板にかかる負担が大きくなり、椎間板が損傷することによって起こる病気なので、犬を飼っている人は注意したほうが良いです。発症しやすい犬種は、ダックス、プードルなどがあります。椎間板ヘルニアが重症化してしまうと、半身不随になる可能性があるので気をつけたほうが良いでしょう。犬の椎間板ヘルニアの症状として、変な歩き方、運動を嫌がる、前足や胸部の痛み、などがあるので、このような症状が見られた場合は、一度病院を受診したほうが良いでしょう。

椎間板ヘルニアの治療は、内科療法と外科療法があります。症状が軽い場合は、軽度な症状の場合は、内科療法で治療をしていきます。内科療法では、安静にすることを基本としていて、トイレ以外のときはケージの中で安静にさせておくというものです。4週間~6週間は椎間板が安定するまで安静にしておく必要があります。また、それ以外にもステロイドを服用したり、レーザー治療をしたりすることもあります。外科療法で治療する場合は、原因の椎間板の場所を特定して手術をしていきます。CTやMRIなどの検査をしっかり行なうことによって、正確な場所を特定することができます。このような治療法がありますが、椎間板ヘルニアになりやすい犬種の場合は、普段から予防することが大切です。なるべく激しい運動は控えたほうが良いです。また、肥満にならないように食事管理をすることも大切です。

おすすめ関連リンク集

  • 犬のしつけDVD対決!藤井聡vs狩野誠vs遠藤和博

    あなたの愛犬は他人に吠えますか。犬のしつけの専門がここにいますよ。愛犬をいい子にしたい人は利用しましょう。

Copyright© 2016 犬の椎間板ヘルニアになったときの対処法と予防~愛犬大切サイト~ All Rights Reserved.